足心(あしつぼ)+気功+整体で心と体の問題を
一緒に解決する足心気功院です。
ひとりひとり、オーダーメイドでの治療を行います

rogosp.jpg

HOME > 心と身体を知る > 病気の原因はからだの汚れ

top_bn1.jpg

身体の汚れが病気の原因です


人はなぜ病気になるのか?その理由として一番にあげられることそれは、“身体が汚れているから”ということです。

身体の中が汚れる理由とは


身体の中が汚れるのは生きていくうえで仕方のないことなぜならわたしたちの身体は生きていくうえで絶えず酸素と食物を必要としていきます。呼吸をして食べ物を食べると、身体は酸素と食物のエネルギーを得て燃焼するため、身体中には必然的に不用物(炭酸ガスと水素イオン=毒素)が発生します。この不用物、活性酸素(毒素)が身体を汚す大本になります。

体液(血液・リンパ液)が汚れを流します


人間の身体には不用物(毒素・汚れ)を体外に出す機能がきちんと備わっています。その機能の中心が体液(血液とリンパ液)になります。わたしたちの身体には血管という血液が流れる川があって、その川は酸素を運ぶ動脈とその酸素を体内の細胞に渡して炭酸ガスや老廃物を受け取る毛細血管、炭酸ガスを肺まで運ぶ静脈の3つの川があります。心臓からでた血液は動脈、毛細血管、静脈を通り約1分後にはふたたび心臓に戻りますが、この流れが滞ると細胞の隅々まで酸素が届かず老廃物も運ばれずその場所に留まったままになります。川は流れが悪くなると汚れがたまりますが、血液も同じで血管の流れが悪くなると老廃物は運ばれず、臓器内の血液循環も悪くなりその結果、臓器の持っている諸機能が働かなくなります。血液の流れはとても健康を維持するうえでとても重要になります。
血管が詰まればリンパ管も神経も働かないのです。

血管が詰まればリンパ管も神経も働かなくなります


身体には血管に沿ってリンパ管と神経組織があります。皮下や筋肉、各関節が固くなると血管が圧迫され、血管が圧迫されると一緒にリンパ管と神経組織も圧迫され働きが鈍くなります。各関節には各組織からでた老廃物や体内に入ってきた病原菌を取り込んで汚れたリンパ液をろ過してきれいにするリンパ節があります。ここでリンパ球が作られ、ろ過されたリンパ液とともに静脈に送られ腎臓で再びろ過され老廃物を尿として体外に排泄します。血液が栄養を運ぶ輸送隊なら、リンパ液は老廃物を運び、病原菌と戦う部隊です。
神経は身体に走る電気のようなもので、ほんの少しの痛みでも脳に伝わります。神経は身体の異常を脳という指令室に伝える通信部隊です。この3つの部隊が正常に働いて病気という敵と戦って健康を維持しているわけですが、血管が詰まってしまうとどの部隊も正常に働かくなり、汚れがどんどん蓄積されます。そなると各臓器の働きが悪くなり、結果病気になるのです。


では、身体の汚れをなくすには、どうすれば良いのでしょうか NEXT▶