いくら高価な薬を塗っても無駄です


アトピー性皮膚炎や皮膚病で医者を何十軒と回られた方は少なくありません

インターネットや口コミ、その他もろもろの情報を頼りに日本中のアトピー性皮膚炎や皮膚病に効果があると言われている、医療機関、漢方薬局、温泉、民間療法、石鹸、化粧品等々・・・・・・・・・・

それが患部に直接塗るものや、患部を洗う薬剤をいくら使用してもアトピー性皮膚炎や皮膚病は治りません!

どんなに高価な薬であっても治りません

無駄です

かえって悪くなるのがオチです

足心気功へは

日本中を治療して回られた患者様が、助けを求めて多数来院されます

医療機関や民間療法機関を回られたら回られるほど症状が悪化されて来院されます

何故だかわかりますか?

 

皮膚は腸の粘膜状態を現す鏡です


 皮膚は腸粘膜の状態が現われます

腸粘膜が健康的でなければ、皮膚はきれいにはなりません

いくら皮膚をケアしたところで腸粘膜が健康的な状態でない限り、健康的な張りのある美しい皮膚にはなりません(直接的に皮膚にダメージを受けて、その治療の為に直接皮膚に治療を施す事は別問題ですので、ここでは割愛させていただきます)

腸粘膜が荒れていれば、皮膚も荒れてきます

腸粘膜に微出血や、潰瘍があれば、それに伴って皮膚にも同じような症状が現われます

それが

ニキビや吹き出物、湿疹、アトピーと言ったカタチで出現します

腸粘膜は、非常に新陳代謝が早い器官で、2日くらいで再生されると言われていますが、腸に負担がかかると正しく再生されなくなります

慢性的な肌荒れの原因になります

腸が健康的に消化吸収の働きを行い、健康的な腸の蠕動運動を行い、健康的に排便がなされれば

皮膚はみずみずしい張りのある、美しい皮膚になります

そのメカニズムを考慮せずに

ただ皮膚へいくらクスリ、石鹸、化粧品を塗っても

皮膚の状態は改善しません

改善すると言うよりも

かえって皮膚の状態は悪化します

アンチエイジングが叫ばれていますが

顔の老化の原因の最もたるものを、ご存知でしょうか?

それは

化粧品で

一般的に女性は高校を卒業してから化粧を始めますよね

そこから

急激に顔の皮膚の老化が急激に始まります

化粧品会社は、化粧品は利益率が非常に高いので、化粧品を販売する為に、あの手この手のうたい文句のコマーシャル戦略で化粧品を使うように仕向けています

そして

より高級な化粧品が、より素晴らしい効果があるように洗脳させられてしまいますが

顔における、エイジングの老化の最大の原因が化粧品です(極度に強い紫外線を長時間、長期間浴び続けることは例外ですが)

女性は、誰もが美しく綺麗でありたいもの

だから化粧をして少しでも自分を輝かせるのは、当然のことだと思います

ところが
化粧を始めると
化粧地獄が同時に始まることも覚悟しなくてはいけません

美しくなりた~いのは万人の願い

それなのに
化粧地獄に陥るなんて           とほほ~ (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

次回に続く